BRPカード紛失盗難時にやること(2019年版)

財布をスラレタ

実は、去年の12月上旬にロンドンでお財布をスラれておりまして…、その中にBRPカード(=ビザ)が入っていたため手続きしていた再発行が2月中旬にやっと完了しました。

デパートで買い物をして次のお店に入るまで、ほんの数十メートル、数分の間の出来事で、もう、「うわーっ、マジかー…(笑)」と言う感情しか出てこなかったですよ。

今となっては笑い話のネタですが、数日間、屍のようになり、深く落ち込みましたね〜。海外ッテコワイデスネ。慣れた頃がイチバンアブナイデスネ。

父からは一言、「他人を見たら泥棒と思え」(笑)

すられた直後、精神を安らげてくれたのは、友達が電話で笑い飛ばしてくれたのと、↓の在英日本大使館のサイトでした。イギリス で財布カバンを盗まれた気の毒な全ての日本人はこのページを見ましょう(笑)

Embassy of Japan in the UK:
https://www.uk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/tonan.html

BRP再発行の手続き

まず重要なこととして、BRPカードを無くしたり盗まれたりした後、3ヶ月放置していると、不法滞在とみなされ、£1,000(約15万)の罰金もしくは、強制送還される可能性があります。以下の手続きを忘れずに行いましょう。

そして、BRPカードがないと、イギリス を出国はできますが、再入国ができません。再発行が完了するまではヨーロッパ旅行には行けないのです。

※以下2019年3月時点での情報です。

①警察に報告する

BRPの再発行には警察からもらえるクライムリファレンスナンバーが必要です。外国の警察行くのめっちゃ怖い〜。でも安心してください。警察署に行かなくても大丈夫でした〜。大使館のページにも書いてあるのですが、WEBから出来ます。

https://www.met.police.uk/ro/report/ocr/how-to-report-a-crime/

↑のリンクにアクセスして、失くした場所や状況などを英語で記入していってください。完了後すぐに届くメールに載っているナンバーはcrime reference numberではないので、しばらく待ちましょう。48時間以内に改めてナンバーが載ったメールが送られてきます。丁寧にお手紙も家に届きますよ。

もし48時間以内にこなかったら…以下のページから催促ができます。ちなみに私はこなかったのでやりました…。

https://www.met.police.uk/contact/af/contact-us/us/a-crime-that-has-already-been-reported/

①Do you have a crime reference number?→No
②I’d like to…get a crime reference number

を選択してその後、また初回と同じような回答をすることになりますが、仕方ないので答えましょう。

②Home officeに報告

↓のページに紛失・盗難の際にすべきことが載っています。

https://www.gov.uk/biometric-residence-permits/lost-stolen-damaged

その中程にある report it and order a replacement onlineから申し込みましょう。

YMS申請時と同じくらいに、結構大変ですが、途中で保存できるので少しづつ進めていきましょう。

 

申請料金はスタンダードサービスで£56かかります。こちらは8週間以内の発行ですが、ヨーロッパ旅行などが差し迫っている人は即日発行のプレミアムサービスが利用できます。£666(約10万円)なり。ひぇー!高い。

最後に必要書類のpdfをDLしましょう。

③書類の送付

送付する書類

①Document checklist
②Family consent
③住所が証明できる書類

 

以上の書類を送付しなくてはいけません。①と②はPDFをDLしてプリントアウトします。私はプリント&スキャンはいつも近所の図書館を利用しています。

USBを持ち込めば、以下のお店なんかでもできるみたいです。

snappy snaps:
https://www.snappysnaps.co.uk/photo-printing.html

Ryman:
https://www.ryman.co.uk/

24時間10円でどこにでもあるコンビニで、簡単にコピーできる日本って本当に泣けてくるほど便利ですね。

 

ここでの問題は②の書類でした。英語がわからずとてもつまずきました。PART1,2,3と、3種類ありますが、殆どの人はPART1の記入だけで大丈夫だと思われます。PART1は、提供した住所証明書類は正しいこと、個人情報の取り扱いについての同意とかそんな感じです。こちらは全員必須で提出です。

PART2,3は提出した証明書類が自分名義じゃない場合(共同の銀行口座や、大家さん名義のbillなど)に、その第3者にも署名をもらうための書類みたいです。証明書類が自分名義の場合は送付しなくも大丈夫でした。

でもあくまで現在の情報なので、書類をよく読んで判断してください。

ちなみに住所証明の書類は以前は原本でなくてはいけなかったようですが、2019年現在は原本でもコピーでもどちらでも可と書いてありました。また変わるかもしれないですね。そして、送った書類は全てが完了して忘れかけていたころに、ちゃんと返送してもらえます。


有効な証明の書類は、

  • 運転免許証
  • カウンシルタックスの明細書
  • 有効な請求書
  • 銀行関連の書類
  • 住所とフルネームが記載されたGPからの手紙


とのことです。これ以外の書類の場合、申請が却下されたり、遅れてもワタクシは構いませんという同意をとられます(笑)しかし、私はどれ一つなかったので、住所とフルネームが入っている書類として、①会社からのオファーレター ②会社の給料明細を送りました。問題なく受理してもらえて良かったです。

②指紋、顔写真、サインの登録

申請書類を送った数日後、書類が問題なかったですよ〜の手紙が届きます。この手紙を受け取ってから15営業日以内に、最寄りのポストオフィスで指紋と顔写真撮影とサインの登録をしなければいけません。こちらの手続きができるポストオフィスは限られているので、↓のサイトで見つけてください。絞り込みの「Home Office Biometric Enrolment」にチェックを入れると出てきます。

Branch finder:
https://www.postoffice.co.uk/branch-finder

£19.20ほど手数料がかかります。デビッドカードか現金でしか支払いできないので要注意です。クレジットカードは使用不可です。

混んでいなければものの10分くらいで終わります。

(ちなみに私は意外にもスピーディーに届いた手紙をよく確認せずに、放っておくという残念すぎる過ちを犯し、15営業日目の夜に気づきました。なかなか届かないな〜なんて呑気なことを考えていました。翌日大急ぎで郵便局に向かい、絶望しながら日々を過ごしましたが、無事再発行してもらえました。結果オーライですが、こんなヘマをするのは私くらいかと思いますが、良い子の皆さんは迅速に手続きをして1日でも早く新しいBRPカードを手に入れましょう。)

②カードを受け取る

全てがつつがなく進行すると、待ちに待ったカード様のご到着です。しかし、最後のトラップ。平日9:00〜17:00しか届けてくれない…。受け取りの際にはパスポートなどで身分証明をする必要があります。

受理されたので、今度届きますよ〜と言う手紙も来るのですが、私はその手紙が届いた日に、カードも配達されていたみたいで不在票も届いていました。

不在票の配送業者のサイトにアクセスして再配達日を指定。

私の職場はビルの最上階で、1階のレセプションはグループ会社の人なので、ちょっと頼み辛かったですが、今日届くから、来たら内線してくださいとお願いしました。

配送業者の人は制服も着ていないわ、バックパック背負ってるわで、最初配送の人だと思わなかったです…!パスポートも見せたけど、ちらっと見ただけ(笑)

何はともあれ、財布をスラれてから約3ヶ月。無事に再発行が完了です。費用は、印刷代とか入れると£80くらいはかかりましたね。

BRPカードのない日々の不安半端なかったです。お酒買うのにはパスポートが必要だし、たまーにパブでも年齢確認されることもあるのでいつもドキドキしながら注文。急に帰国する予定ができたらどうしよう…などなど。

再発行に半年くらいかかったみたいな噂も聞いてたので、思ったより早く手に入ったなぁと言った感じです。いろいろと面倒くさくて途中、休み休み(笑)やっていたので、全て無駄なく手続きすれば最短2ヶ月くらいでReplacementできるのではないでしょうか??それでも時間がかかりますが(笑)

新しいサービスが始まっているかも?

私が申し込もうとしていた時はちょうど移行期間だったみたいなのですが、何やらイミグレ関連で、New serviceが始まっているみたいです。書類送付して、郵便局行って…ていうのは従来のサービスということらしいのです。

新サービスではそう行った手続きが民間の会社?に委託されるっぽいです。そんなわけで、今回書いたReplacement方法と、現在の方法はまた変わってきているかもしれませんので、よくHome officeのサイトを読んでReplacementしてください。

そして最後に…財布にBRPカードを入れるのはやめましょう(笑)スラれるのは財布の可能性が高いので、他のところに入れてカバンの奥深くに入れておくなどしましょう。私が愚かでした!(再発行マジで面倒くさいです!!!)BRPカードは身分証明として持ち歩くべきもののようなのですが、なくすリスクと再発行の手間がやばすぎるので、正直お酒を飲まない人は家にしまっておくのが一番ですね。

自分は大丈夫と思わないでください。私が財布をスラれてから、その話をしたロンドン在住の日本人は、100%の確率で、その本人か、友人が被害にあっていました。みなさんもお気をつけを!

by Kanako